和泉’sジャーナル

和泉のブログ

トレーニングと回復のサイクルを考慮して適切なサイクルで行うことが大切になります。

土星が持つ輪でも、様々な発見があった。
細かく30ほどに分かれていたほか、外側のAリングや内側のBリングの間に広がるカッシーニの間隙でいろいろな構造も見つかった。
Bリングの質量は軽く、従来の推定の7分の1程度にとどまることなども分かった。
特に研究者が注目したのはリングの一部に現れたプロペラのような形をした模様だ。
土星の輪は、氷などの小さな粒が集まってできている。
プロペラ模様は、中心にごく小さな衛星が存在することで作られたとみられる。
しかし重力を考えるだけではプロペラのような形はできず、輪を作る粒のぶつかり合いまで考える必要が あるという。
こうした成果は土星の輪の構造やでき方だけでなく、太陽系誕生の仕組みを考える手掛かりにもなると土星の輪のシミュレーション研究を手掛ける台坂博一橋大准教授は話す。
土星本体では、30年に一度の巨大な嵐が詳しく観測されるなどの成果があった。
土星は表面にもやがかかったような状態で、同じガス惑星の木星に比べても大気の動きが観測しにくかった。
カッシーニが赤外線など様々な波長で観測することで、風の詳しい構造や渦がたくさんあることなどが見つかり、木星同様にダイナミックな大気の動きがあることがはっきりした。
木星にはみられない巨大な六角形を描く気流も北極で見つかっている。
これから土星本体に突入するまでの間の探査への期待も大きい。
カ ッシーニは4月から、輪の内側まで入り込んで土星の間近に接近する軌道を取り、最後の観測を続けている。
惑星大気の研究が専門の中島健九州大学助教は大気の深い部分の観測は、土星に接近するこれからが一番期待できる。
重力の微妙な変化から内部構造も分かるのではないかと語る。
順調ならカッシーニは9月15日に土星に突入し、大気の成分などのデータを送ってくる。
どこまで土星の姿を明らかにしてくれるか、最後まで目が離せない。
では、「GACKT愛用のサプリ」に関するお知らせです。
GACKTサプリ
筋肉というのはトレーニングで負荷をかけることで筋繊維がダメージを受けるため、ハードなトレーニングをした後には筋肉痛を感じます。
そしてダメージを受けた細胞が回復するときに、より強く太くなるため筋肉が成長するという仕組みです。
そのため筋肉をつけるためには、ただがむしゃらにトレーニングをするのではなく、トレーニングと回復のサイクルを考慮して適切なサイクルで行うことが大切になります。