和泉’sジャーナル

和泉のブログ

市場開放への長い道のりにおける一時的な遠回りにすぎないかもしれない。

それでも元はSDRに組み入れられた。
中国は何としても採用されたいという姿勢を鮮明にし、だれも巨大な竜にひじ鉄を食らわせたくなかった。
IMFと主要参加国は通常の基準にこだわらず、元をいずれもっと使用可能な通貨にするという中国のあいまいな約束を受け入れた。
中国人民銀行は従来、市場心理の底流を無視して日々元の対ドル基準値を設定し、極めて狭い変動幅しか認めてこなかった。
しかし元がSDRに採用される以前から、中国政府は元相場の管理を緩和すると発表していた。
人民銀は日々の基準値を決める際に市場実勢に配慮すると宣言し、資本規制を徐々に緩和すると約束した。
そうなれば投資家にとって元の魅力が増す。
ところが中国当局の 最近の動きは、ルールに従う意志がないことを示唆している。
人民銀は為替相場の管理を緩和するどころか規制を強め、市場心理が意思決定に果たす役割を縮小しようとしている。
人民元は自由に使いにくくなっている。
16年半ば以降、中国は元が海外に流出してドルに交換されるのを防ぐため、厳しい資本規制を導入した。
また中国企業による対外直接投資に新たな制限を設けるようになった。
中国が約束を守らなかった理由は容易に理解できる。
豊かになった中国市民は富を海外に移す方法を模索してきた。
元の下押し圧力が強まり、人民銀は1兆ドル以上の外貨準備を使った元相場の下支えを余儀なくされた。
5月下旬の米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによる中 国国債格付けの引き下げを阻止するには不十分で、政策決定者は守勢に立たされた。
中国の現在の問題は、市場開放への長い道のりにおける一時的な遠回りにすぎないかもしれない。
それはそうとして、「横向き寝枕…おすすめ」について。
横向き寝枕おすすめ
早速購入してみましたよ。
実際これはYOKONE2と言って、更に進化していたんです。
大きさはこんな感じでとっても大きいんですよ!